本・デイトレ・日用品

デイトレードの記録をメインとして日々の雑記を綴ります

2018年1月30日(火)デイトレ

収支 +172円

f:id:karita3:20180130145143j:plain

売買銘柄数 5銘柄

f:id:karita3:20180130145158j:plainf:id:karita3:20180130145207j:plain

後場の途中から利益を削りまくってしまい反省です。
今日は日経が大きく崩れたんですが、大きいところをとれず。
そして小さいところを取りに行こうとして大きく失敗してしまいました。
全体的に弱い動きをしており、今日はかなり難しく感じました。
押し目も作らず下げ続けるとエントリーできないですね。

午前のトレード
コツコツと三菱電機コマツ空売りで午前中に幸先よく+3500円くらいまで。
寄付き前から三菱電機が強そうだったため、主に買で利益を重ねます。
10時頃から下げ始めたので押し目で入ってちょこまかと利確。
午前中はやはり強いのかだらだらとは下げずに反発してきました。
他の日経が朝からボロボロの中、結構奮闘してました。
前場の最後に日経が急騰したため、急いで三菱電機を買い。
11時25分頃に2014円で買。午前の時点で日経がかなり下がっていたため、お昼に先物が反発するかな~と思って後場に持越し。
後場寄り前も雰囲気は強かったのですが、他の銘柄がかなり下がっていたため前場引け値2016円で指値
後場寄りが2016.5円だったので利確となりました。
寄り付いた瞬間から一気に15円くらい下げていきます。
空売りで入っておけば・・・と思いましたがおしめも作らずにガンガン下げて行ってしまいエントリーできるところがありませんでした。
f:id:karita3:20180130145321j:plain


午後のトレード
日経がとても下げていたため買で入れる銘柄が無い。
また下げ過ぎて押し目をつくらない銘柄も多く、ほとんど見てるだけといった状態です。
そんな中、少し上昇基調にある第一生命(8750)が目に入ります。
じわじわ上げていたので、2時前に2317.5円で買。
しかし勝った直後からだれて2315.5円まで下がります。
25分平均線を下抜けしましたが、すぐに反発。2316~2318円をいったりきたり。
みきりをつけて2318円で微益で利確。その直後も下げたのですが、2時10分頃から急騰。
2320円まで上がります。2320円が抵抗線となっていたため空売り
すぐに下げますが、その下げもストップ。どちらか一方に振れそうな気配です。
そして上に振れました。2324円まで一気に上がり、すぐに下がります。
ここでもう一度抵抗線を試すと思い2322.5円でナンピン
ところが再度上昇して2326円まで。結局2325.5円で損切。
せっかく強い銘柄をさがして買でエントリーできたのにすぐに利確、逆に張ってしまい空売りで失敗。
これは情けなかったです。焦ってエントリーしたのが失敗でした。
他の銘柄を見て、すこし落ち着くべきでした。

f:id:karita3:20180130145256j:plain

で、最後に旭化成(3407)でやられます。
後場の途中に三菱電機とほぼ一緒の値動きをしていることに気づきます。
三菱が下げたら、まだ下げていない旭化成を売り。
三菱が上げたら、まだ上がっていない旭化成を買い。
正直なんの関連性もないのですが、このやり方で1000円くらい利益になりました。
で、2時37分頃に三菱が急上昇。1997→2000円まで値上がりします。
旭化成はというと1445円あたりでくすぶっています。
これは旭化成も上がると思い成行きで1446円買。
しかし、ここで連動しません。一気に1444円まで下げ。
その後も下げたため1442~1444円で行ったりきたり。指値の損切にささらないまま10分くらい経過したため1441.5円で投げ売り。損切。
違ったことがわかったらすぐに手放すべきでした。途中まではかなりうまく取れていたので良かったんですが、「どこで損切りするか」を決めずにエントリーしたのが失敗です。

f:id:karita3:20180130145311j:plain

後場はずっと様子見で良かったです。
値動きが難しすぎて損切りばかりとなってしまい、利益を全て消し飛ばして終わっています。
第一生命と旭化成は損切位置を決めずにエントリーしてしまったため、損切りが遅くなり損失が拡大しました。
後場は自分の手法でエントリーできる位置が少なかったので、多少厳しくてもエントリーしてしまいました。
それが今日一番の失敗です。
前場後場の早いうちに空売りしとけば大きな利益になったのに・・・とか考えながら色んなチャート見てたのでそこらへんからダメでした。

昨日から後場がなかなか取れず焦ってしまいますが、落ち着いて自分のトレードを心がけたいと思います。