本・デイトレ・日用品

デイトレードの記録をメインとして日々の雑記を綴ります

2018年2月14日(水)デイトレ

収支 -14797円
f:id:karita3:20180214142030p:plain

売買銘柄数 10銘柄

f:id:karita3:20180214142038p:plainf:id:karita3:20180214142048p:plain

2日連続でオオヤラレしました。
大引け前ですがトレードが荒くなってきているので今日はやめます。
日経は午後1時20分頃から大きく反発して今はプラテンしてます。
1ドル107円を割ってたのに戻ってきてますね。
前場途中から思いっきり下げて、お昼の先物も下げ。
午後も途中まで下げ、そしていきなり急騰。
昨日のダマシ反発が頭に浮かんでしまい、上昇分は全くついていけませんでした。
だいぶメンタルやられてます。

f:id:karita3:20180214142331j:plain

大きく負けた安川電機楽天だけ反省します。
午前のトレード
朝はヤマハ安川電機で+4000円くらい。
東海カーボン上げ過ぎだと思って空売りしたんですが、買い方が強すぎたのですぐに損切りしました。
9時半頃に大きく下げている楽天(4755)を発見。
本日最安値を少し下回った所で長い下ヒゲ作ったのでこれは反発するだろうと買。
946円くらい。
しかし、連続陰線が続き10分くらい下げ続け・・・
反発を期待して下がり終わるまで持ってしまいました。
それでもとっとと投げれば良かったんですが、決算内容は悪くなさそうだしどこかで大幅反発するだろうとずっと持ち続け。
後場へ持ち越して12時41分に926円くらいで投げ。
楽天で-8000円。
今まで学んできたこと全部台無しにするくらい下手なトレードでした。

f:id:karita3:20180214142754j:plain

もう一つダメなトレードした安川電機(6506)を
寄り付き直後くらいの売買でさくっと+3000円くらいとりました。
2回目のトレードがひどすぎました。
10時59分に日経平均が少し反発します。
監視銘柄のなかで下げ止まっていた安川電機を買います。
4770円。しかし買ってから一度もプラスになることなくズルズル下げます。
見切ってさっさと損切しなきゃいけないんですが、それができませんでした。
下ヒゲ作りながら下げていたのでどこかで反発するだろうと・・・ここは楽天と一緒ですがずっとホールドします。
前場引け前に上昇して4750~60円くらいまでつけたので後場は上がってくるだろうとこちらも持越し。
そして昼の先物で日経が下げ。11時からの急速な円高も株価を下げていきました。
後場寄りは4700円くらい。
しかしここでじりっと上げて4715円くらいまで戻します。
後場はここから上がってくるかな?と期待しましたが、それもむなしく下げていきました。
結局12時48分に4690円で投げ。
このトレードで-8000円負け。ひどいです。

f:id:karita3:20180214142806j:plain

午後のトレード
楽天安川電機をブン投げた後に富士フィルム電通を売買しますがかみ合わなかったため損切。
あとは日経平均をぼけ~っと眺めて終わりです。
日経平均上昇のタイミングで帝石とか買ったんですが、全然上げなかったので見切り。
そのあと少し上昇したんですが、弱そうだったので空売りしたら日経の急騰に伴い踏み上げられて損切。
トコトンかみ合いませんでした。

悪いところは多分いろいろあるんですけど、昨日の横河電機のずるずるホールドを繰り返してます。
生活習慣とかも変えてようやくトレード内容は良くなってきてたんですが、メンタル崩れてますね。この地合いでメンタルやられると即退場しそうなので落ち着いてやる必要があります。


以下は反省(長いしほぼ全部言い訳です)
トレード手法が微妙にぶれてきました。
毎日トレードの反省と株の本を読んで勉強しているのですが、この勉強で学んだ知識が微妙に邪魔してます。
統計データを用いて検証されたらデイトレードなんてやっちゃいけないことはわかっているんですが、本を読むとどうしてもそういうことが書かれている。
結局ホールドするのが一番良い。もっとも負けるのは手数料を多く払った者だ。
だから手数料の安いインデックス型のETFを買えみたいな結論。
もちろんそれ以外のことが書いてあるので勉強にはなるんですが・・・
含み損抱えてもホールドってデイトレで取らなければならない行動と真逆なんですよね。
ここらへんの本当にごく最近仕入れた知識がトレード手法を邪魔してる気がする。

そもそも知識を身に付ける必要があるのか?トレーディング能力の向上に必要なのか?というところに問題がいきつくのかな?
相場に勝つためには人間が取りやすい行動の逆をいかないと勝てない。
このことがわかってきたので陥りがちな心理を学ぶのは理にかなっている気がするんですよね。
トレード反省における分析者は自分自身なので、分析者の知識が増えることは良いことだよな・・・

昨年の秋頃はひたすらに自分のトレードを振り返る&大量のチャートを見て脳に様々なパターンを認識させるということをやっていたんですが、トレード手法が一種類だけだとどうしても行き詰ってしまう。
そのことに気づいてからはトレード手法に関する本を読むようにしました。
手法が増えればすぐに勝てるようになるわけでは当然ないですが、エントリーパターンを増やせたのでためにはなりました。
でも12月にメンタルがやられたこととチャートを用いたトレードの限界を少し感じました。
合わない相場が来た時にどうすれば良いか?
これが昨年末時点での課題でした。
1月からはメンタル改善のために、生活習慣の固定化とジムに通ってストレス発散するようにしました。
それと板読みの勉強です。
本を読んでわかったような気になるんですが、実際にやってみるとよくわからない。
まだ始めたばかりですが板読みはどのくらいの期間トレーニングを積めば身につくのかわかりません。今はそういうレベルです。


それでも今月になってメンタル改善については効果が出始めて、週間損益も徐々にですが良くなってきました。
ところが、昨日今日と大きく損失を出しています。それも内容が最悪。
エントリーしては損切ばかり、これが10回続いてマイナス1万円でした。
これなら別に仕方がないです。チャートを用いたエントリーしかできないので、かみ合わない相場が来るとこうなるのは当然です。
でも損切しないで大きく含み損抱えた銘柄を後場に持ち越して、損失広げましたなんて情けすぎる。
最初は損切の大切さを勉強しても、実際やろうとすると手が動きませんでした。
自分でも信じられないくらい手が動きませんでした。
それでも大きな損失を出して、何度も失敗して少しずつ損切できるようになってきました。
それができなくなってるとは・・・

寝て忘れてまた明日。でも良いのですが、明らか引きずってるのでどうにかしたいな。
今週はあと2日だけですが
・株の本は一旦読むのをやめる。
・トレード手法を一旦書き出してみる。
・エントリー前にエントリー根拠、利確と損切ラインを書き出してからトレードする。

初心に帰ってもう一度見直してみます。